ワンちゃんの病気|ストロングハートの利用で小型ワンちゃんも安心

ワンちゃんの病気

たくさんの薬

人が病気になるように、ワンちゃんも病気になってしまいます。有名な所ではフィラリアでしょうか。
フィラリアは、体内にミクロフィラリアがひそんでいる蚊に刺されたことによって、犬の筋肉や脂肪部に移動し、最終的には心臓や肺動脈に寄生虫が住むようになり、血液の流れが悪くなったり様々な障害を起こします。放っておけば死に至る事もある恐ろしい病気です。
今までそれを知らずに飼っていた方は、最近ワンちゃんが頻繁に咳をしていたり、尿が赤くなったりしていないか確認しましょう。
もし咳がひどかったり、血尿のようになっていたらフィラリアに感染している可能性があるので、動物病院で診察してもらいましょう。

他にも、マラセチア毛包炎という病気もあります。これはワンちゃんの皮膚が赤くなり痒みを伴う病気です。
この病気になっていると耳垢が大量に出て体が脂っぽくなりベタベタします。さらには独特の匂いがすることも……。
愛犬が痒さで身体をかきむしる姿は、見ていてとても心苦しいものです。専用のシャンプーを利用してケアしてあげましょう。

このようなペット特有の病気のほかにも、我々人間もかかってしまう様なものも、ペット達を苦しめてしまいます。
例えば、白内障や緑内障、大腸炎、肝不全などです。これらは私達も患ってしまう分、その辛さが伝わりとても辛いですね。
少し調べただけでも、たくさんあるワンちゃんの病気。出来ることなら早く治してあげたいし、そもそも予防するに越したことはありません。

でも具体的にどういったものが良いのか、何が効くのか分からないですよね。
そういう時にはまず病院で診察してもらいましょう。どういった原因があるのか、解決方法はあるのか、はたまた入院が必要かどうかなど、まずはワンちゃんの状態をしっかり診てもらうことが大事です。
それが終わってから、今まで投与していた薬などを個人輸入代行で購入するといいでしょう。